2008年08月19日

キューバ銀行 代金支払い不能

http://www.nhk.or.jp/news/k10013580041000.html

中米のキューバの国立銀行が原油価格の高騰で日本企業向けの輸入代金を支払えなくなったと日本政府に通告していたことがわかり、独立行政法人の日本貿易保険が「非常事故」としてほぼ全額を肩代わりする異例の措置を取ることになりました。

関係者によりますと、キューバ国立銀行が、今月11日、日本政府に対し、原油や穀物価格の高騰の影響で資金が不足して日本企業向けの輸入代金を支払えなくなったと通告してきました。政府は「非常事故」と認定し、リスクの高い海外事業の保険を引き受けている独立行政法人の日本貿易保険を通じて日本の民間企業の輸出代金のうち97.5%を補てんする異例の措置を取ることになりました。このうち中堅商社の明和産業は、キューバに輸出した医療関連機器の代金8億7000万円余りが回収できなくなったものの、貿易保険が適用されるため、業績には影響がないと発表しました。日本のキューバ向けの輸出額は、去年、209億円でしたが、日本貿易保険は、現在、およそ200億円分について保険を引き受けており、政府はキューバの支払い不能による日本企業への影響は限定的だとみています。政府は、今回の保険事故を受けて、当面、キューバを対象にした新規の貿易保険の引き受けを停止するとともに、キューバ側に対して代金の支払いを働きかけていく方針です。


世間とは乖離した当ブログですが、このネタは経済学部生として興味があったから取り上げます'`,、('∀`) '`,、

ということで、国立銀行がまさかの支払不能状態/(^o^)\
日本の国立銀行といえば日銀を思い浮かべるけど、キューバはそれほど経済が大変なのか!?
ちょっとした経済危機ですよね…原油高おそるべし…
posted by 黒歴C at 21:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

キューバ 貿易代金の支払いが不能
Excerpt: 社会主義国のキューバが、日本から(商社など)の輸入に対して代金を支払えない状況に
Weblog: 本質
Tracked: 2008-08-24 22:26